top of page
  • naokimorita1

62km日本記録達成。 電動VTOLドローン[QUKAI FUSION]によるフルオート長距離物資輸送実証実験に成功しました。

2021年7月17日(土)千葉県銚子市学校給食センターから 茨城県稲敷郡河内町 ドローンフィールドKAWACHIまでの利根川上空(ドローンフィールドKAWACHI付近の周回飛行を含む)を飛行コースに設定したレベル3 目視外飛行、フルオートによる長距離飛行実験を実施しました。医療物資や災害時救援物資の長距離・非接触・保冷輸送を想定し、自社開発の電動VTOL(垂直離着陸型)固定翼ドローン[QUKAI FUSION]2機を準備。1号機は保冷温度5度以下でのワクチン(ダミー)輸送で、周回含めて70kmのコース設定。2号機はモバイルバッテリー、アルコール、マスク、ビタミン剤などの輸送で62kmのコース設定。

1号機は離陸直後に通信系のトラブルが発生し安全のため飛行を中止しましたが、2号機は飛行プログラム通りに62kmの目視外フルオート飛行をこなし、着陸地点で安定した垂直着陸を成功させました。これは電動ドローン輸送距離の日本記録となります。

飛行距離62km、飛行時間50分。飛行後のログ解析によると、上空は時折風速10m/s程の横風が吹き条件は良好ではなかったのですが、動力バッテリーの消費量は約半分。あと45kmは飛行可能な状況でした。軽量な機体がもたらす高効率な飛行性能を実証いたしました。ドコモLTE通信モジュールによるリアルタイムの位置情報モニタリングも終始良好で、フルオートの飛行安全性も実証いたしました。


飛行区間

千葉県銚子市学校給食センター → 茨城県稲敷郡河内町 ドローンフィールドKAWACHI(周回含む) 62km

運搬物資

モバイルバッテリー2個、アルコール小4本、マスク20枚、ビタミン剤1個 約1kg


特別協力:Team ArduPilot Japan

通信機器提供:株式会社N T Tドコモ

協力:株式会社アイ・ロボティクス


閲覧数:254回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新型VTOLドローン 「QUKAI MEGA FUSION®️3.5」による日本初となる防災ドローン海上横断70キロ目視外飛行を実現~緊急着陸地点を陸地、海上に一切設置しない形でのレベル3飛行~

株式会社空解は、株式会社NTTデータから東京都の離島港湾DX事業※における飛行実証業務を委託され、2023年7月14日および21日に、日本で初めて自律航行ドローンの海上横断にて、緊急着陸地点を陸地、海上に一切設置せず、レベル3の海上横断飛行を実現しました。 本件では、自社開発の新型VTOL型固定翼UAV「QUKAI MEGA FUSION®️3.5」を使用し、事前に設定した飛行ルート設定に従って自

Comments


bottom of page