top of page
  • naokimorita1

新型VTOLドローン 「QUKAI MEGA FUSION®️3.5」による日本初となる防災ドローン海上横断70キロ目視外飛行を実現~緊急着陸地点を陸地、海上に一切設置しない形でのレベル3飛行~

株式会社空解は、株式会社NTTデータから東京都の離島港湾DX事業※における飛行実証業務を委託され、2023年7月14日および21日に、日本で初めて自律航行ドローンの海上横断にて、緊急着陸地点を陸地、海上に一切設置せず、レベル3の海上横断飛行を実現しました。

本件では、自社開発の新型VTOL型固定翼UAV「QUKAI MEGA FUSION®️3.5」を使用し、事前に設定した飛行ルート設定に従って自律飛行させ、大島を周回しながら海岸を撮影する事で、被災状況を迅速に確認することについての有効性を検証しました。伊豆(河津町菖蒲沢海岸)から垂直離陸したドローンは、海上横断をして伊豆大島を周回するのべ70キロの行程を正確に自律飛行し、1時間程度で大島の岡田港に安全に着陸をしました。

※シン・トセイ-離島港湾DX事業  https://shintosei.metro.tokyo.lg.jp/leading-project/leading-project-40/


長距離を自律航行

海上横断飛行中は緊急着陸地点を陸地や海上に設置しないで、事前に設定したルートを正確に自律飛行(目視外)しました。飛行距離は70キロになり、大島の海岸周辺を撮影しました。


リアルタイム中継

飛行時のカメラ撮影情報、機体情報はLTE回線を使ってリアルタイムで都庁等の遠隔地端末に中継されました。

撮影した情報

ドローンから撮影した映像が、被災状況把握に役立つものかを検証しました。


閲覧数:211回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page